全身脱毛や部位脱毛には保証期間有りと無しがありますが、経験者からの意見として、保証有りと無しの違いを理解できていない方が多くいらっしゃいます。
全身脱毛の場合、特に最初のカウンセリングの時に保証期間の確認をした方が、良いと思います。

もともと全身脱毛は高額になるものですから、後から万一どうしても脱毛しきれてない場所など出てきて追加料金ということになると、不満に繋がり大変なストレスを生むことになります。
保証有りというのは、例えば、決められた脱毛期間内に完了しきれない部位があれば、その後半年間、あるいは1年間は無料で施術することができるという保証です。
逆に保証無しというのは脱毛期間内までしか施術することはできません。
完了しきれなかった場合は、希望があれば追加料金を支払い、続きから施術をすることとなります。
ですので、円滑に全身脱毛を満足できるものにしていくためには、保証期間の有り無しは大切な事柄です。

また、保証期間を最初から提示してくるという事は、そのサロンの自信の表れともいえます。
自分達の施術に自信ありと思えばこそ、保証期間が設けれるのだと思います。
一般的に脱毛サロンでの施術はフラッシュ脱毛、光脱毛というもので行われることが多く、それは光のエネルギーを利用して黒い色のメラニン色素に反応する光の波長を利用したものです。
医療で使われるレーザーや針などと違って、価格も安くて安全で痛みが少ないものです。

しかし、その分どうしても効き目が緩やかです。
脱毛処理が終了したからと言って完全にという事ばかりではありません。
また脱毛は毛の周期によって効果も違ってきます。
それに何より、どの人も毛の質や肌の状態など決して同じではないので、違いが出て当然です。

そのことを思えば、どんなサロンでも万一の場合というのは決して無いとは言いきれません。
保証期間さえあれば、その後の状態に応じての対応をとってもらえます。
全身脱毛は、おおおよそ10万円から40万円を費やすものです。
決して安いものではないのですから、保証の有り、無しはサロンを選択する上での1つの条件に挙げても良いことだと思います。

全身脱毛梅田